新型コロナワクチン接種特設サイト
Q&A
ワクチンについて
新型コロナワクチンの接種は無料ですか。

全額公費で接種が行われます。住民票のある市町村から接種券(クーポン券)が送られ、それを持って接種していただくことになります。

何回接種する必要がありますか。

現在認可を受けている新型コロナウイルスワクチンは、2回接種する必要があります。

接種するワクチンは選べますか。

富山市で実施する個別接種と集団接種ではファイザー製のワクチンを、職域接種と県で実施する大規模接種ではモデルナ製のワクチンを使用しますので、予約の際にどのワクチンを接種するか選べます。2回目の接種では、原則1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。

新型コロナワクチンの接種を希望しません。接種しなくてもよいでしょうか。

ワクチン接種はご本人の意思に基づいて受けていただくものですので、接種を希望されなくても、なんら問題はありません。

新型コロナワクチン接種にあたって、接種する本人の同意は必要でしょうか。

ワクチン接種は、しっかり情報提供を行い、既存の予防接種と同様に、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。接種を受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

新型コロナワクチンを接種したら、制限無く行動できるようになるのでしょうか。

ワクチンを接種することで、接種した人の発症を予防する効果だけではなく、感染を予防する効果も示唆するデータが報告されています。しかしながら、その効果は100%ではなく、変異によりワクチンの効果に影響が生じる可能性があります。
このため、ワクチンが普及し、感染者数を十分抑えることができるまでは、引き続き感染予防対策を組み合わせることで、可能な限りご自身や周りの方を守っていただきますよお願いします。具体的には、「3つの密※」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。
※密集・密接・密閉

新型コロナウイルスに感染したことのある人は、ワクチンを受けることはできますか。

既にコロナウイルスに感染した人も、新型コロナワクチンを受けることができます。
ただし、受けた治療の内容によっては、治療後から接種まで一定の期間をおく必要がある場合がありますので、主治医にご確認ください。
なお、事前に感染したことかどうかを検査して確認する必要はありません。

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に受けることはできますか。

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。 新型コロナワクチンとその他のワクチンは、どちらかのワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
(例) 4月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。

持病があり薬を服用しているが、接種しても問題ないですか。

薬を飲んでいるために、接種を受けられないということはありませんが、基礎疾患のある方の中には、免疫不全のある方、病状が重い方など、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、かかりつけ医とご相談ください。

今回の新型コロナウイルスのワクチン接種はいつまで実施されますか。

市で実施する集団接種と個別接種の1回⽬接種最終⽇は、原則として11⽉9⽇(⽕)を予定しています。
※令和3年11⽉以降に12歳に到達する⽅や11⽉9⽇までにやむを得ない事情で接種できない⽅は、11⽉10⽇以降も⼀部の会場で接種いただけます。会場については、決まり次第お知らせします。

子供(12歳未満)は接種できますか。

接種対象は、接種日時点において満12歳以上の方です。このため、12歳未満の方は、ワクチン接種の対象にはなりません。
※12~15歳の方の接種には、保護者の同意及び同伴が必要です。

ワクチン接種を受けられる下限の12歳の基準日はいつですか。

12歳の誕生日の前日から接種を受けることができます。

住民票のある外国人は対象者になりますか。

市内に住民票がある外国人にも接種券(クーポン券)が届きますので、希望される方は接種を受けてください。

厚生労働省のホームページに「外国人も含めて接種の対象となるすべての住民に全額公費で接種を行う見込み」と記載があるが、公費の対象となる外国人の明確な基準を教えて下さい。

原則として、居住の実態がある外国人の方は対象となります。短期滞在の外国人は対象になりません。

接種券(クーポン券)と予約について
接種券(クーポン券)とは何ですか。

接種券(クーポン券)とは、新型コロナウイルスワクチンの接種券(クーポン券)や接種済であることの証明書が一体となったシートのことです。接種の際は、この接種券(クーポン券)のシートごと、接種を受ける医療機関に持参してください。

接種券(クーポン券)はどこに届きますか。

住民票に登録されている住所に送付します。

接種券(クーポン券)は世帯単位で届きますか。

接種券(クーポン券)は世帯単位ではなく個別に通知します。

接種券(クーポン券)はいつ届きますか。

12歳以上の全ての方へ接種券を発送しました。今年度中に12歳になる方は、誕生月の上旬に接種券を発送します。接種券が届かない方は、予約相談センターへお問い合わせください。

住民票と異なる住所に接種券(クーポン券)を送ってもらうことはできますか。

接種券(クーポン券)は住民票に登録されている住所に送付します。別のご住所に転送を希望される場合は郵便局で転送の手続きをしてください。

接種券(クーポン券)が届く前に、接種を受けることができますか。

今回の新型コロナワクチン接種では、接種開始時のワクチンの供給量が限られていることから、国が決めた接種順位に従い順次接種を行うことになっています。接種の際には、接種券(クーポン券)と運転免許証などの本人確認書類で接種の対象であることを慎重に確認することが求められているため、接種券(クーポン券)が届いた後に、接種予約を行ってください。

予約しなくても接種を受けられますか。

接種には、事前の予約が必要です。予約方法については、「接種予約」をご覧ください。

接種の順位について
優先接種の範囲を教えて下さい。

重症化リスクの大きさ、医療提供体制の確保等を踏まえ、①医療従事者等、②65歳以上の高齢者、③基礎疾患を有する者、③60歳以上64歳以下の方、③高齢者施設等の従事者の順で、優先接種の対象とされております。

自分は基礎疾患がありますが、優先接種の対象に含まれまれるかどうか、どのように判断すればよいでしょうか。

基礎疾患のある方」で、ご確認ください。もしご自分で判断できない場合は、主治医などに相談してください。なお、接種前の予診の際に、医師が予診票の質問事項を見て優先される基礎疾患を有していることを確認します。

優先接種の対象に含まれる基礎疾患を証明する診断書や明細書などの用意は必要ですか。

本人が、予診票に基礎疾患を有することを記入することで自己申告し、予診で医師が確認します。基礎疾患を証明する診断書や明細書の用意は不要です。

65歳以上の市民は優先して接種を受けられるとのことですが、65歳未満の市民と同じ時期に接種を受けてもよいですか。

ご自身の判断により接種時期を遅らせることは問題ございません。希望されるタイミングで接種を受けてください。なお接種券(クーポン券)はなくさないようご注意ください。

接種について
職域接種を受けたいのですが、接種券(クーポン券)が届きません。職域接種を受けることができますか。

職域接種は接種券(クーポン券)が届く前に受けることができます。職域接種でワクチンを受けたら、後日届いた接種券(クーポン券)をワクチン接種を受けた企業や大学へ提出してください。

日本国籍を有しており、海外から日本に一時帰国していますが、住民票がないため接種券(クーポン券)が届きません。居住している自治体でワクチン接種を受けられますか。

海外から国内に一時帰国し、居住の実態がある方が接種を希望し、2回の接種が可能な場合、接種の対象となります。市に申請を行い、接種券(クーポン券)の発行を受けてください。

現在、富山市外に住んでいますが、富山市に住民票があります。富山市で接種を受けることはできますか。

富山市に住民票がある方であれば、接種を受けることができます。
現在お住まいの市町村での接種を受けられるかどうかは、お住まいの市町村にお問い合わせください。

今後、富山市に転入予定ですが、接種券(クーポン券)は富山市から送られてきますか。

富山市に転入された方には、富山市から接種券(クーポン券)をお送りします。
富山市に転入前にお住まいの市町村からの接種券(クーポン券)は、使用しないようご注意ください。

富山市外に転出(住民票を移す)しますが、接種はどこで受けることができますか。

原則、住民票のある市町村で接種を受けることになりますので、転出先の市町村の接種場所で接種を受けることになります。その場合、転出先の市町村からクーポン券の交付を受けてください。

富山市から接種券(クーポン券)が届いたあと、市外に住民票を移す予定ですが、接種はどこで受けることができますか。

原則、住民票のある市町村で接種を受けることになりますので、住民票を移す前に接種を受ける場合は富山市の接種券(クーポン券)を使用し市内の医療機関等で接種を受けてください。住民票を移した後は原則、転出先の市町村で接種を受けていただくことになります。その場合、富山市の接種券(クーポン券)は使用せず、転出先の市町村から接種券(クーポン券)の交付を受けてください。
なお、新型コロナワクチンは、同じ種類のワクチンを2回接種する必要があるため、住民票を移した後に、転出先の医療機関等で2回とも接種されることをおすすめします。

住所地以外での接種について
<里帰り中の妊産婦、遠隔地から下宿中の学生、単身赴任者のいずれかに該当する場合>
富山市外に住民票がありますが、市内の医療機関で接種することはできますか。

富山市内の医療機関で接種を受けることは可能です。なお、接種にあたっては富山市への申請が必要になります。住民票のある市町村からの接種券(クーポン券)が届いた後で、以下の方法で、申請してください。
・インターネット申請:厚生労働省の「コロナワクチンナビ」から申請。申請後、すぐに住所地外接種届出済証が発行されます。届出済証を印刷するか、印刷画面を保存して、接種会場に持参してください。
・郵便申請:予約・相談センター(076-411-9064)へお問い合わせください。届出書類を郵送します。

<入院・入所者、基礎疾患を持つ方、災害による被害者のいずれかに該当する場合>
富山市外に住民票がありますが、市内の医療機関で接種することはできますか。

富山市内の医療機関で接種することは可能です。富山市への申請は不要です。

住民票は富山市外にあり、富山市へ通勤(通学)していますが富山市で接種を受けることはできますか。

市外で接種できるのはやむを得ない事情がある場合であり、通勤通学は対象に含まれていません。

接種場所について
ワクチン接種できる医療機関はどこですか。

ワクチン接種を行う医療機関については、「接種会場」でご確認ください。なお、一覧に掲載していない医療機関でも接種を行っている場合がございます。

高齢者施設に入所している場合、どこで接種することができますか。

接種場所は施設により異なりますが、なるべくインフルエンザ等の平時の予防接種と同じ体制で接種できるよう接種場所を検討しています。

自分の職場(学校)で接種することができますか。

本市では、医療機関での個別接種を基本として、補間的に市が行う集団接種によることとしていますが、企業や大学等で職域接種を行う場合があります。

集団接種とは何ですか。どこで受けられますか。

集団接種とは、自治体が指定する日時に公共施設等を利用して予防接種を受けていただく方法です。会場については、「集団接種」でご確認ください。

富山市内に、平日夜間や土日祝日に接種を受けることができる医療機関・接種場所はありますか。

富山市保健所の集団接種では、平日夜間や土日に接種を実施しています。日程につきましては、「集団接種」をご確認ください。また、個別接種会場でも土日等に接種を行う場合があります。

その他
接種当日は何を持参すればよいですか。

接種券(クーポン券)と、運転免許証や健康保険証等の本人確認書類をご持参ください。
持病がある方や薬を服用されている方は、お薬手帳もご持参ください。
また、ワクチンは肩付近の上腕の筋肉に注射しますので、半袖のTシャツを中に着てくるなど、肩の出しやすい服装でお越しください。

マイナンバーカードは現在持っていませんが必要ですか。

接種を受けるにあたり、マイナンバーカードは必要ありません。

ワクチンを接種した証明書は発行されますか。

ワクチン接種後、接種券(クーポン券)に付属している「予防接種済証」に専用の接種シールが貼られますので、大切に保管してください。