新型コロナワクチン接種特設サイト
4回目接種
オミクロン株対応ワクチンは、2回目までの接種を完了した12歳以上のすべての方が対象です。
1人1回受けられます。すでにオミクロン株対応ワクチンを接種した方は、現時点では接種をうけられませんので、ご注意ください。
① 接種の目的
オミクロン株の流行が続く中、審議会での議論を踏まえ、重症化予防はもとより、感染や発症を予防する目的で、オミクロン株対応2価ワクチンの追加接種が推奨されています。
② 接種対象者と接種スケジュール
2回目までの接種を完了した12歳以上の全ての方が対象となります。
前回接種から3か月が経過していない場合、3か月経過した後の接種となります。
※オミクロン株対応ワクチン接種は1人1回受けられます。すでにオミクロン株対応ワクチンを接種した方は、接種をうけられませんので注意してください。
③ 接種場所
これまでの接種と同様、個別接種と集団接種を実施します。
接種場所はこちら
基礎疾患を有する方その他重症化リスクが高いと認める方は、かかりつけ医での接種をおすすめします。
④ 接種券について
お手持ちの3・4・5回目接種用の接種券(未使用)で予約・接種ができます。
今後接種可能な時期がくる方には、順次接種券を発送します。
接種券を紛失された方や市外から転入された方は、予約・相談センター(☏076-411-9064)へお問合せください。

前回接種日 接種券発送日(予定)
10月16日~10月31日 1月10日(火)
11月1日~11月15日 1月下旬
11月16日~11月30日 2月下旬
※接種券発送日からお手元に届くまで、3~4日かかる場合があります。

3・4・5回目の接種券は、予診票と接種券が一体となった接種券一体型予診表を発送します。接種の際は、切り離さずにそのままお持ちください。
⑤ 使用するワクチン
オミクロン株に対応したファイザー社またはモデルナ社ワクチンを使用します。
接種対象年齢はワクチン毎に異なります。
ファイザー社のオミクロン株対応2価ワクチン:12歳以上の方が対象です。
モデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチン:12歳以上の方が対象です。
※初回接種(1・2回目)は従来型ワクチンでの接種となります。
⑥ 予約方法について
●予約・相談センターで予約する ※富山市以外の接種券をお持ちの方については、ご利用いただけません。
※詳細な操作につきましては、『予約専用サイトマニュアル』を参照してください  ・電話予約:予約ダイヤル☎076-411-9065
  ※電話は込み合いますので、インターネット予約のご利用をおすすめします。
  ※番号をお確かめの上、お間違いのないよう十分にご注意ください。

●ワクチン接種を行う医療機関に、直接予約する
 上記の「接種医療機関一覧表」で電話番号を掲載している医療機関は、直接予約が可能です。
 基礎疾患のある方は、原則かかりつけ医での接種をおすすめします。
⑦ 接種当日の注意事項
接種当日の持ち物
・接種券の入った封筒一式
・本人確認書類(健康保険証・運転免許証等・マイナンバーカード)
※封筒には、「接種券が印字された予診票」と「予防接種済証」が同封されています(A3用紙1枚)。ご自身の情報があらかじめ印字されていますので、内容にお間違いがないか念のためご確認ください。
※接種券が印字された予診票と予防接種済証は切り離さずにお持ちください。
・お薬手帳
※持病がある方やお薬を服用されている方

・ワクチン接種の際に、速やかに肩を出せる服装でお越しください。
⑧ その他の注意事項
<予約をする前に必ずご確認下さい>
接種予約をされる前に必ずお読みください
・予診票は、鉛筆を使用せず、消せないボールペン等で、必ず事前に記入してお越しください。
・接種券を紛失された⽅、2回⽬接種完了後に富⼭市に転⼊された⽅、予診の結果3回⽬接種が受けられず改めて接種を希望される⽅は発⾏申請をお願いします。
 (各種申請はこちらから)
・5歳から15歳のお⼦様の接種にあたっては、原則として保護者の同伴が必要です。保護者が同伴できない場合は、お⼦様の健康状態等をよく知る親族等が同伴してください。この場合は、保護者からの委任状が必要です。
★他市町村で接種後に富山市に転入された方、海外等で接種を受けられた方へ
下記の場合、富山市で接種記録が確認できないため、接種券の発行申請が必要となります。

① 接種後、他の市町村に引っ越す等、住民票所在地が変更となった場合
② 海外在留邦人の方で、成田空港又は羽田空港にて接種を受けた場合
③ 在日米軍従事者接種で接種を受けた場合
④ 製薬メーカーの臨床試験(治験)等において接種を受けた場合
⑤ 海外で接種を受けた場合
ワクチンを受けるにはご本人の同意が必要です。
ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、ご本人の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。受ける方の同意なく、接種が行われることがありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に対して差別的な対応をすることのないようお願いします。